衣裳・和婚アイテム

来店予約

衣裳・和婚アイテム

衣裳・和婚アイテム

能衣貝桶吉祥文様

優しい色調のアイボリー地に能楽の衣裳で用いられる貝桶や橘模様、古典の松や菊をあしらった西陣織の色打掛。

橘は女性のお守りとなる木とされ、桃の節句にも飾られる、長寿・子孫繁栄の象徴。婚礼にも礼装にも多く用いられます。

能衣貝桶吉祥文様

貴牡丹四季花文様

紅地と黒地の染め分けが目にも鮮やかな色打掛。

うしろ姿には出世栄達を招く牡丹の花が全体にほどこされた金駒の雪輪文様や平繍と相良繍(さがらおり)が格調高い豪華さを演出しています。

貴牡丹四季花文様

琳派波に鶴

上品な茶の縮緬地に、裾にかけて広がる青海波が印象的。

日々の暮らしが静かな波のようにいつまでも続くようにと願いを込めた青海波に老松や鮮やかな花々、戯れる鶴。

手書き友禅で描かれたその色彩と構図の妙に引きこめれてしまいそうな迫力を感じさせる引き振袖です。

琳派波に鶴

裏?紅千羽鶴

立ち姿、舞う姿も優雅で気品のある
鶴を配した正絹の白無垢。

裏地や綿帽子の内側にも赤を挿す事で、お写真にも映え
洗練された花嫁を演出​します​。

裏紅千羽鶴

裏?紅千羽鶴

白地に金の鶴が描かれたシンプルながらも絢爛な引き振袖。鶴は千年と言われるように延命長寿の象徴である鶴は

婚礼衣裳などおめでたい席の定番柄として幅広く使われています。

裏紅千羽鶴

アイテム